ちりつもゆめ仔

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちりつもひよ仔

ゲーム、アニメ、映画、小説などの感想とその他好きなものの紹介をしています。

【ネタバレなし】良質な絶望感!『ダンガンロンパV3』の魅力!【感想】

 

 

こんにちは。中原ひよ仔です。

 

絶望してますかー!?

色々な人間関係や大変な仕事なんかで、日常生活には様々な絶望する瞬間がありますよね。

そういう日常生活での絶望の質を低いとするならば、質の高い絶望を提供してくれるのがダンガンロンパシリーズです。

『ニーアオートマタ』 や漫画だと『進撃の巨人』なんかも良質な絶望を提供してくれる作品ですよね。

 

今回はダンガンロンパシリーズの最新作『ダンガンロンパV3』をプレイしたので、その感想を書くこと魅力を伝えていきたいと思います。

 

【注意】

ネタバレなしとありますが、ロンパファンの方には少しのネタバレを気にする方もいらっしゃいますよね。

決定的なネタバレはありませんが、ちょっとも知りたくないという方はこの先は読まれないことをオススメします。

魅力を伝えることでプレイしてもらえたらなーと思っているので、決定的なネタバレはありません。

 

相変わらずキャラクターが濃い

ダンガンロンパシリーズといえば、濃いキャラクターですよね。

閉鎖された空間で殺人事件が起きて(殺しあうように仕向けられて)、その事件を推理していくゲームなのでキャラクターは命です。

 

今回も濃いキャラクター達のオンパレードでしたよ!

私が特におすすめするのは王馬小吉くんです。

「嘘」がテーマの今作で「嘘」を擬人化したような存在が彼でした。

f:id:tiritumoyumeko:20170321023037j:plain

何を言っても嘘にも本当にも聞こえる言葉選び。雰囲気。生き様。

王馬小吉が善人なのか悪人なのかも、最初から最後まで全くわかりません。

プレイした一人ひとりが、彼を善人なのか悪人なのか決めるのだと思います。

 

他にも魅力的すぎるキャラクターがたくさんいるので、お気に入りを見つけるのも楽しいゲームでした。

 

2周目も楽しい

ダンガンロンパシリーズはどれもそうなんですが、今作も2周目もとっても楽しむことができるものでした。

1周目でもう誰が殺されて誰が殺すのかがわかっている状態でのプレイになるので、新たな発見を楽しむことができます。

自分が疑われないように言葉で誘導していたり、ふとした瞬間の言葉にそのキャラクターの背景を感じたりするこちができるので、「あー、そうだったのかー!」というアハ体験的な気持ちよさを楽しめました!

 

衝撃的な真実

 ダンガンロンパシリーズどころかゲームやアニメ・映画の常識をも覆す衝撃的な真実に「えー……」という声が出てしまいました。

パッケージに書いてある情報から既に私は騙されていました。

ダンガンロンパについてだけでなく、他の大好きなゲームについても色々と考え込まされてしまう真実に、良質な絶望を味わうことができました。

これは、もうプレイして体感していただきたいものです。

私は今作でしか、この感覚を味わったことはなかったです。

 

良質な絶望を体験してください!

もう最後はお願いになっちゃいます。

ダンガンロンパ1・2をプレイしてからだとより一層おもしろくなりますので、ぜひ、プレイしてからダンガンロンパV3をプレイしてみてください。

大好きなキャラクターを何人も作っておくと、この良質な絶望を体験することができるようになるかと思います。

「ミステリーとか推理は苦手」という方はキャラクターから入るといいかと思います。

この絶望はダンガンロンパでしか味わえません!

ぜひプレイして、体験してみてください!

 

 

 

 関連記事

 

tiritumoyumeko.hatenablog.com

tiritumoyumeko.hatenablog.com