ちりつもゆめ仔

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちりつもひよ仔

ゲーム、アニメ、映画、小説などの感想とその他好きなものの紹介をしています。

【おうちや実習でも使える!】子どもが聞き入る絵本の読み聞かせテクニック

f:id:tiritumoyumeko:20170309022022j:plain

 

こんにちは。中原ひよ仔です。

 

絵本は子どもたちが最初に出会う物語です。

物語の楽しさを伝えることは、子どもの人生を豊かにすることに繋がります。

パパとママに読んでもらった絵本は子どもたちの宝物です。

 

今回は子どもたちの宝物になる絵本の読み聞かせのテクニックを紹介したいと思います。

 

 

 

 

絵本選びから勝負は始まっていますよ!

 

絵本を選ぶ段階から勝負ははじまっています。

小さな子どもにはパステルカラーのものが可愛いような気がしますが、子どもたちが認識しやすいのはビビッドな色です。

tiritumoyumeko.hatenablog.com

以前、この記事で紹介させていただいた絵本もはっきりとした色合いのものが多いですよね。

 

ここでも数冊、おススメの絵本を紹介しておきます。

 

しろくまのパンツ

 

しろくまのパンツ

しろくまのパンツ

 

 

実際に読んだ年齢 4・5歳

しろくまが穿いているパンツを脱がしてから読む絵本。それだけで楽しそうなのに、お話の中身もしろくまのパンツを探す楽しい絵本です。オチにはくすっとしてしまうこと間違いなしです!

 

だるまさんが

 

 

だるまさんが

だるまさんが

 

 

実際に読んだ年齢 0・1・2歳

有名なだるまさんシリーズのひとつ。『だるまさんと』『だるまさんの』もかわいいです。だるまさんと一緒にぺこっとしたりすると、子どもたちも真似してくれますよ。

 

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)

 
だるまさんと〈3〉 (かがくいひろしのファーストブック 3)

だるまさんと〈3〉 (かがくいひろしのファーストブック 3)

 

 

 

さつまのおいも

 

さつまのおいも (ピーマン村の絵本たち)

さつまのおいも (ピーマン村の絵本たち)

 

 

実際に読んだ年齢 2・3歳

シュールでかわいいさつまいもの絵本。子どもたちは大盛り上がりでした。

 

大勢の子どもたちに読み聞かせする絵本は向き不向きがあります。

たとえば、『100かいだてのいえ』はじっくり読んで楽しんでもらいたい絵本ですよね。

 

100かいだてのいえ

100かいだてのいえ

 

 

絵本を選ぶときは、じっくり読む絵本か、みんなで楽しめる絵本かなども考えるといいですよ。

 

導入はとっても大切。最初から絵本の世界に引き込もう

保育園では活動と活動の間に絵本の読み聞かせを見て静かに過ごす時間もありますよね。

パッと絵本を読みだすこともあるのですが、導入をしっかりしておくと子どもたちの反応が違います。

 

まず、手遊びで子どもの意識を引き付けておくことは基本ですよね。

『はじまるよ』は絵本の導入の定番かと思います。

www.youtube.com

 幼児クラスで数を数えられるようになった子どもたちには突然指を何本か立てて周囲の子どもたちに見せて、サッと背中に隠し「今の何本だった?」とクイズを出すという注目の集め方もあります。

先生の周囲の子どもたちがクイズに答えていると楽しいことが大好きな子どもたちは「なになに?」と集まってきますよね。

子どもたちが集まったところで、「今日は先生おもしろい絵本持ってきました」と隠し持っていた絵本を登場させるというのもアリかもしれません。

 

子どもたちの注目を集めたら、絵本のお話をしましょう。

「この絵本にはどんな動物さんが出てくるかな?」「どんなお話だと思う?」とお話に期待が持てるような声かけをしてあげましょう。

 

絵本をよく読む子は「読んだことあるー!」と教えてくれる子がいます。

これを聞くと焦る実習生がいるんですが(私がそうだったんです)、落ち着いて「この絵本おもしろかった?」とインタビューしてみればいいんです。

「おもしろかった」と言ってくれれば、「おもしろいんだって! 楽しみだね」と他の子どもたちの期待を高められますし「つまんなかった」と言われたら「先生はおもしろかったよ。今日はおもしろいかもしれないから見てみよっか」と声をかけてあげれば大丈夫です。

自信をもって、自分が選んだ楽しい絵本を子どもたちに紹介してあげてください。

 

絵本の持ち方にもこだわってみてもいいかも

家庭だとお子さんを膝にのせて絵本を読むこともあるかと思うので、持ち方はあまり気にしなくていいかもしれません。

ですが、多くの子どもたちに読み聞かせをするときには絵本の持ち方にコツがあるんです。

できるものだけでも実践するといいかもしれません。

私が先輩に教わった技を紹介しますね。

 

子どもの数が多いときは椅子に座る

子どもの人数が多くて、後ろの子どもが「見えなーい」なんてことにならないように、大人は椅子に座り、子どもたちは床に座るようにすることをオススメします。

絵本の位置が高いと見やすいですよね。

椅子の高さはあまり高いものだと、前の子どもが首が痛くなってしまうので、子ども用の椅子があれば、それくらいの高さのものがいいかと思います。

ちょうどいい椅子がない場合は絵本を高くあげることを意識しましょう!(腕の筋力アップにもなりますよ!)

 

読み聞かせをする場所に気を付ける

可能であれば、絵本を読む場所にも気を遣ってみましょう。

読み聞かせをする大人の後ろ。つまり背景がごちゃごちゃしていると気が散ってしまう可能性があります。

読み聞かせをする大人はなにもない壁を背にすると、子どもたちも集中しやすいですよ。

 

絵本の角度に気を付ける

絵本の中には、電気の明かりを反射してしまうものがあります。

光って見えづらいということがないように、少しだけ下向きに傾けて持つと反射を抑えることができますよ。

 

絵本を持つ手はできる限り絵に被らないように

大きい絵本だとこれが本当に大変なんですが、絵本を持つときは脇を締めて、絵本の下の部分を支えて持ちましょう。

私のように筋力のない方だと、こうやって持つだけでも大変です。

実習に行く前には絵本を持つ練習はしておいた方がいいですよ。

 

絵本を持つ手は綴じてある方向によって変えよう

絵本の文章が縦書きで右綴じの場合は左手に、絵本の文章が横書きで左綴じの場合は右手に持ちましょう。

これは先輩方によって意見もいろいろだったんですが、この絵本の持ち方の場合、最も気を遣っている点は「絵本にリアルな人間の手が入らないようにすること」です。

 

ちょっとやってみていただけるとわかるんですが、右綴じの絵本を右手で持って左手でページをめくろうとすると、向こう側にあるページをこちら側に開くことになりますよね。

この向こう側にあるページに左手を伸ばすときに、絵本の世界にリアルな人間の手が入ってしまうからやめたほうがいいとアドバイスされました。

右綴じの絵本を左手で持って右手でページの下を持って向こう側にめくると、絵本の世界にリアルな人間の手は入らないそうです。

細かい話なので、ここまで気にする必要はないかなという気もしますが、気にする方もいらっしゃいます。

 

読み方にも気を付けよう

子どもに聞きやすい声で読もう

子どもは高い声のほうが聴きとりやすいです。

男性の方も絵本の読み聞かせをするときは、高めの声で読んだ方が子どもの食いつきがいいはずですよ。(実際に男性の先輩が言っていました)

 

声の強弱をつけよう

絵本を読むときにはちょっと演技したほうが子どもたちも楽しめます。

強弱をつけることは、最も簡単に演技をしてるっぽく見せる方法です。

この強弱をつけることで、子どもたちを物語の世界により引き込むことができるんですが、やりすぎると盛り上がりすぎたり、怖がられてしまう可能性があります。(子どもはおおかみが出てきただけでも怖がる子もいます)

子どもたちを落ち着けたいときには絵本選びの時から気を付けることも大事ですが、読み方も落ち着いたものにしたほうがいいかと思います。 

 

全部をゆーっくりにしよう

読み聞かせをするときって、思っているよりも早口になってしまっています。

私が実習で絵本の読み聞かせをしたときに、最も注意されたことはこれでした。

慣れていないと緊張して、より早くなってしまうので、自分が想像しているよりもゆっくり読みましょう。

聞き取りやすいよう一つひとつの言葉をはっきり発音するといいですよ。

 

ページをめくるのも基本的にはゆっくりです。

次のページはどんなだろうという期待感が持てるようにしましょう。

ただ、サッとめくった方が効果的なページもありますので、読み聞かせをする絵本は事前に読み込んでおきましょう。

 

子どもたちの様子も見ながら読もう

クラスの子どもたちの前で読むときは、これは絶対です。

場所の取り合いなどで喧嘩をしているかもしれませんし、絵本に夢中にならず、子どもたちの様子はしっかりと見ましょう。

 

また、子どもたちの様子を見ることで、子どもたちも先生に語り掛けられている安心感や幸せを感じます。

絵本は子どもたちとのコミュニケーションのひとつです。

 

文章の一文字一文字を追うのではなく、一文を読みながら子どもの顔を見ることで、コミュニケーションの一環としての絵本の読み聞かせを楽しむことができますよ。

 

読み終わったあとは子どもの記憶や気持ちの整理をお手伝いしよう

物語を読み終わったとき、大人でもいろいろな気持ちを抱きますよね。

子どもたちも同じですが、その気持ちを表現する言葉がわからなかったりもします。

子どもたちの言葉を代弁することは周囲の大人の大切なお仕事です。

「楽しかったね」「おもしろかったね」「かわいかったね」と簡単な言葉でいいので、お話を振り返ってみましょう。

導入でクイズを出していたなら、その答え合わせもすると楽しいですよ。

絵本を読んで楽しかったという気持ちで終われるようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

特に絵本の持ち方は実習のときに注意されて「さすがに細かすぎません?」と思いましたが、次の実習先で意識してみると絵本の読み方はたいへん褒められました。

絵本の読み方に気を付けると、同じ絵本でも子どもの食いつきが違います。

ぜひ、絵本の魅力を子どもたちに伝えてあげてくださいね。

 

参考リンク

 

tiritumoyumeko.hatenablog.com

tiritumoyumeko.hatenablog.com